房総半島でクロダイを釣りたい人のためのブログ

房総半島でクロダイに出会いたい人、集まれ!

富浦新港の釣り & 実釣時間について

台風の影響で南関東も今週末から雨の予報ということで、その前にどうしても海が見たくなり、19時前に早々に仕事を終えるとに身支度を行い家を飛び出しました。

 

こういう時って、釣果的にはダメなことがほとんどなんですが、そんなことは二の次で、とにかく海が見たい、竿を出したい、の一心でした。

 

向かったのは、なんと南房総の富浦新港!

 

当日は風も弱く天気も良かったのでいつもの磯場でもよかったのですが、真っ暗な時間帯に入磯することをなんとなく躊躇してしまい、身軽な私服に運動靴でもクロダイが狙える安全なところは、と考えました。

 

港で釣りをするのはもう数年ぶりになるので、港の釣りってどんなものだったか、すっかり忘れていたので、この機会に釣果を出せたら、ひょっとしたら、頭の中の楽な釣行場所リストに乗せられるかもという思いもありました。

 

到着は22時頃。既に2組の先釣者が竿を出されていました。

ひとりは堤防の半分より先端寄りでカゴ釣り、もうひとりは堤防の付け根でぶっ込み釣り。

 

私は仕事のあとの徹夜釣りになるので体力温存のためにも先端まで行かず、半分より根本寄りに釣り座を取りました。

 

キャンプ用のイスを持ち込み、座って背もたれに身体を預けながら空を見ると、ほぼ真上に綺麗な月、そして満天の星が。

 

来てよかったあ~

 

房総半島をこの辺りまで下ると、本当に星空がキレイに見られます。

 

そそくさと準備をし、22時半には実釣りスタート。それから4時間経過… 付けエサにはほとんど変化がなくエサ取りもいない状況。それもそのはず、休憩中に潮の満干をチェックしたところ、当日は23時には潮位100cmを切り、翌日の3時が干潮という最悪の予報だったんです。おまけに潮もほとんど動いていません。

 

午前2時過ぎ、電気ウキが滲み10~20cmほど海中に入りました。

クロダイか!

 

なかなか引き込まないので誘いをいれると、ゆらゆらと少しだけ潜りますがまたそこで

ジッとしています。どうも様子が怪しいので、軽く合わせを入れると掛かりました。

 

軽い ⤵

 

暗闇に上がってきたのは、なんと何年ぶりかでお目にかかるゴンズイ

 

そこで集中力が切れ、納竿。早くもギブアップでした。(笑)

 

それから、コマセがまだ残っていたので、潮位が低くても釣りが出来そうな釣り場ということで、前回行った舟藤へ。舟藤は舟藤で、今度はネンブツダイの絨毯状態で、オキアミはもちろんダメ、コーンも喰ってくる、サナギはそのまま残って来る、ということで、朝明るくなるまでクロダイは姿を見せず、眠くて頭もボーッとしてきたので、納竿としました。

 

この日学んだこと。

 

① やはり堤防のクロダイ釣りは効率が悪いということ。(内房だから?)

 

今回は浅場が多い房総にもかかわらず100cm以下の干潮時間帯の釣りだったという点を差し引いても、堤防って、居ないときは全く居ないという感じでムラがあることを思い出しました。私の経験上ですが、居ない場合がほとんどといってもいいかもしれません。(いやいや、私の腕のせいかも…)

 

② 釣りは釣れる時間に集中して釣るのが吉 !?

 

これまで夕方から夜中までの夜釣りばかりでしたが、夜も21時を過ぎると魚の活性が弱くなり、22時を過ぎるとほとんどアタリがなくなるパターンがほとんどでした。そのあと続けていればまた潮が動き始めれば活性があがるのか、'その後'の魚の活性が気になっていたので、夜通し釣りをしていればそのあたりが分かるかも、というのが今回の釣行の楽しみの一つでもありました。

 

結果、今回分かったのは、夕まずめから21迄の間で集中して釣ったら納竿、が疲れずある程度の時間楽しめるのでベストなのではということです。

 

そういえば、私が釣りを覚えたての頃、夜明け前のまだ暗いうちに磯に入り夕まずめまで続け、暗くなってヘトヘトになってから納竿していた頃、なぜか、夕方になってから磯に入って来て、2~3時間程度のうちに良型の魚(たぶんクロダイだったのでしょう)を釣って私が帰るときには、同じタイミングで引き上げて来られるやや高齢のグループを何回か観たことがありました。

その人たちは2~3時間夕まずめを釣っては切り上げて帰る釣りパターンだったので、その頃の私には、わざわざ車を走らせて遠くまで来て2~3時間しか竿を出さないなんてもったいなくて、なんでもっと長い時間釣りを楽しまないのか不思議でした。

 

しかし、最近よく思うのは、潮が動かなくなって活性が落ちたら、欲を出して追い続けても、活性が落ちた時点で納竿しても、自分の経験からですが、釣果は同じということ。つまり、我々釣り人の性で、成果が出ていないと、なんとか1尾は掛けたいという思いでズルズル釣りを続けてしまいがちですが、活性が落ちた時点でその日の釣りを見限ることも、楽しく気持ちよく釣りを続けてゆくのには必要かなと感じています。

 

これはあくまで釣果の観点からだけの話なので、例えば、のんびり満天の星空を見上げながら釣れなくてもよいから自然の中のチッポケな自分を感じてリフレッシュしたいとか、他の目的がある場合は別です。

 

ここらへん、皆さんはどうされているか興味深々です。(笑)

 

さてと、次は絶対に良型クロダイを釣るぞ~

 

- 完 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣果報告 内房舟藤堤防横の磯

今年の夏休みには釣り三昧を、とずっと楽しみにしていたのに、あれやこれやでなかなか時間が取れず、やっと先週末に行って参りました~。

 

いざ行くとなると、せっかくの貴重な時間をどこで過ごすかと考え、やはり釣果が期待できるところ、イコールホームグランドまたは過去によい思いをしたことがある釣り場、ということで、風の具合なども考慮した結果、前回と同じ舟藤堤防横の磯に向かうことにしました。

 

現地に着くと珍しく車が2台しか停まっていなかったため、釣り場の方もガラガラだろうと思いゆっくりと準備をし、磯場へ。先端の堤防の方には人がいましたが、磯場の方は貸し切り状態です。

 

ベストポジションを確保し、ゆっくりコマセ作りにかかります。

 

16時ちょっと過ぎに着きましたが、既に潮位は100cmを超えている頃で、風は予定通り微風、海には適度にニゴリが入っていて、なんとなく今日はイケそうな雰囲気かな、という感じでした。

 

コマセは、チヌパワーV10白チヌスペシャルと日本海半袋、それにオキアミ解凍ブロック3kg、そしてコマセにサナギミンチとコーンを配合してみました。

 

今回の仕掛けは、道糸2号にハリスも2号、電気ウキはライフジャケットのポケットを探っていたら出てきた3B号。ウキってシチュエーション毎にこだわるべきなのかもしれないのですが、私はこれに関しては結構アバウトに決めています。3Bだったら、大は小を兼ねる、みたいに。ハリはチヌ針の3号です。

 

実釣開始は17時過ぎでした。

空は夕方っぽくなってきていますが、まだまだ暑いです。

半袖のTシャツで始めましたが、小さな羽虫が飛び回っていて、知らぬ間にリールを持つ手を2箇所刺されてしまいました。

そろそろ秋とは言っても、虫対策は当面続けた方がよさそうですね。

 

今回のココの海は、いつものようなネンブツダイの絨毯状態ではなく、夕まずめには小メジナが寄って来ているようです。日中なら厄介ですが、夜になれば散るでしょう。

丸ボウズ逃れのために、敢えて数枚小メジナを掛けて、久々のもぐりこむ引きを楽しみます。

 

そして、日没前にお目当てのクロダイ、いや、カイズを釣り上げました。

 

オキアミだとクロダイまで届かなさそうだったので、コーンを付けたら反応があったので、コーンとネリエサを交互に入れていたら、数投目でフワッとウキが海面下に潜ったので「行け行けイケ~ッ」と心の中で唱えながら集中していたところ、数秒後にフラフラと更に潜り、続けてウキが一気に底に向かって引き込まれたところでアワセを入れたところ、ガツンと来ました。

 

結果的にはカイズでしたが、夏の魚は元気です。メジナかと思うくらい下にも潜ろうとしたりで結構やり取りを楽しませてもらってから玉網へ。

 

この日はこれだけではありませんでした。

 

20時頃でしょうか、もう良いだろうと思って付けエサをオキアミにして数投目に、1発目と同じように電気ウキがフラフラと海中へ。また同じように底に向かって引き込まれてゆきます。

 

実はこのアタリの前にも数回ウキがグイグイと引き込まれてゆきながらアワセを入れると針掛かりしていないケースがあったので、今度は倍くらいの時間我慢して待って、さすがに根に潜られないかと思うくらいに待ってから竿を立てると、ガツン。

 

さっきと同じくらいかやや小さめか。

やり取りの後はギリギリ抜き上げることが出来ました。

 

カイズとはいえ、久々のマルチヒットで気分は最高です。

 

しかし、その後も気配はあったので続けているうちに22時頃に明らかに潮流が変わり、パッタリと反応が途切れたため、もうこれ以上やっても疲れるだけだろうと思い、納竿としました。

 

9月になったばかりでまだまだ魚の活性も高そうだし、大型のクロダイが釣れそうですが、海の中はもう秋なのでしょうか。

 

カイズは塩焼きが最高にウマイので、熟成させた後にいただこうと思います。


f:id:Kokoromachi:20220907222950j:image

これから秋に入り深まるにつれてカイズサイズが釣れることが多くなりますが、数釣りを目標にして楽しんでもよいかもしれませんね。

 

気候的には釣りやすくなりますので、皆さん、房総のクロダイに会いに行きましょう!

 

- 完 -

 

 

 

釣果報告 内房舟藤堤防横の磯

猛暑とか酷暑とか言われて久しいですが、連日全国的に真夏日が続いていますが、みなさん暑さに負けずに釣りに行っていますか?

 

真夏の釣りは、10年くらい前は今のように連日南からの強風が吹き荒れる日が続くといったことはなく、日が暮れると心地よい南寄りの微風を感じながら満天にキラキラと輝く天然のプラネタリウムを見ながら、のんびりと釣りを楽しめたような記憶があるのですが、最近はどうでしょう。

 

ここ数年、こんなに気分よく釣りができた記憶がなく、夏になると南西風の強風で釣り場を選べず、どこに行こうかと考える間もなく洲崎公園に向かって車を走らせてきました。

 

が、今回はそんな昔を思い出すような、最高にのんびりと真夏の夜釣りを堪能して来ましたのでご報告します。

 

きっかけは、釣りに行く3~4日前ですが、いつも見ているアプリで天気をチェックしていたところ、本当は釣りを予定していなかった仕事休みの日に、最近では珍しいくらいの予報が出ていたのです。

 

潮は小潮で夜釣りとしては夕方から夜中まで潮位は十分。そして天気は晴れ、風は南西風2.5m/s前後というこのところ目にしたことがなかった「微風」といえる予報です。

 

房総半島のクロダイ釣りといえばやはり内房だと思います。外房や南房よりも絶対に個体数が多いと勝手に思い込んでいます。ですので、できるだけ釣りは内房でやりたい。しかし内房の釣り場はほとんどが南の強風に弱い。よって、南の強風の日は南房まで下ってゆきますが、正直なところ、クロダイへの期待はグッと低くなると思っています。

南房はやはりメジナ場が多い印象だからです。(あくまで個人的な印象です)

 

前回行った岩井袋とどちらにするか迷ったのですが、今回は舟藤でマッタリしたい気分でした。

 

釣り場に着いたのは既に17時半近く。陽はかなり傾いて来ていますが、それでもまだ昼の海といった感じです。幸いその日は真夏日の狭間で酷暑が緩んだ日でもあり、気温は日中でも30度くらいまででした。潮位、天気、風、気温、の条件がこれほど整う日は貴重です。翌日が仕事の為、max4時間程度の釣りになりそうなので、とにかく集中して結果を残したいと思いながら準備に入ります。

 

釣り座は、その日は先程書いた通り小潮のため大潮の時のように潮が大きく動かないことから、磯の一番堤防寄りに構えてみました。

 

コマセは、オキアミ3キロブロック解凍に久々の銀狼サナギ風味1袋、激重3分の1です。

 

ここ舟藤堤防横の磯はネンブツダイが異常に多いため、付けエサはオキアミだけでは釣りにならないので、コーンとサナギ、それにネリエサを用意しました。

 

18時半頃に実釣開始です。潮は緩く、海も静か。

 

まずは様子見でオキアミエサから投入。取られます。また投入。また取られます。

 

次にコーンを投入。取られますが、クロダイの気配は感じません。ここのネンブツダイはコーンにも喰ってきます。

 

サナギも投入しますが、こちらは見向きもされないようで、中身の黄色い体液だけスッポリ海中に溶けだして側だけがハリに付いたまま残って来ます。この釣り場では1回だけサナギでクロダイを釣ったことがありますが、通常はまず望み薄で、サナギが当たりエサになることは稀だと思います。

 

この3つを交互に投入して時合いを待ちます。何も起こりません。

夜空がキレイです。ペテルギウスもよく見えます。

 

そのうち、なんとなく海が、釣り初めの頃に比べるとややザワついてき始めました。

いい感じです。たぶん満潮が近づいている頃合いです。

 

20時半、それまで一度も海中に潜るようなアタリがなかったのに、黒い海に浮かぶ赤い電気ウキがススッと海面下に入り一瞬止まったかと思うと、ぐいぐいと潜り始めました。この力強い引き込み方は良型かも。

 

十分に針を呑ませてからエイッとばかりに竿を立てると、みなさんも大好きであろうあのドスンという重みが竿に乗ります。

 

やった~

 

魚は海中で右往左往して暴れたあとすぐに浮いてきたようで軽くなります。

 

あれ? そうでもない大きさかな?

 

一瞬そう思いましたが、すぐにまた暴れ出し、今度は海面直下あたりで魚体を何度も捻って暴れ、針から逃れようとまた右へ、左へ。

 

最初に白い腹が見え、つづいて見えたのが銀鱗です。クロダイでしょう。

コレは結構大きそうだぞ!

 

十分に魚体の重みを楽しんでから余裕をもって玉網に取り込んだのは、46cmの立派なクロダイでした。


f:id:Kokoromachi:20220810234416j:image

よく見ると、ハリは右上唇の端から5mmくらいの所にかろうじて刺さっていました。

 

これは嬉しい。

 

さあ、今日こそはもう1尾追加を狙ってがんばるぞ!

 

と思ってから1時間程すると、潮が全く動かず海面はのっぺりした感じに。こうなるともう竿を出すだけ無駄。立派なクロダイは釣れたし、明日もあるので、納竿としました。

 

今回は、1年に数回しかないくらいコンディションに恵まれて、のんびりゆっくり、マイペースで釣りを楽しむことができました。

 

それにしても南房の洲崎に比べて舟藤からの帰りの運転は本当に楽です。

やはり内房はよいなあ~、とつくづく思った釣行でした。

 

- 完 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣果報告 内房岩井袋公園下の磯

とにかく今回は楽に行って帰って来たい、ということで先日、約2か月半ぶりに岩井袋公園下の磯にクロダイ狙いで行って来ました。

 

前回の明神岬で足腰の後遺症(歳のせい?)でかなりコリたため、暑さもあってしばらくは釣り場に向かう気力が減退しておりましたが、さすがに3週間も間が空いてしまって気持ちを抑えられなくなってしまいました。クロダイに会いたい!

 

という訳で、今回岩井袋を選んだ理由は、南風が強くても岬の風裏で十分に釣りができるからです。そして、行ってみると、超ラッキーなことに公園下でも釣りが問題なくできそうな程度の風でした。平日なので、いつものことながら他に釣り人もいなく、夕方の17時半に殿様入磯です。

 

今回は迷わず瓦礫の先の西向きの特等席(笑)へ。

到着時には既に潮が上げてきていて、すぐにでもスタートできそうな感じ。

 

荷物を降ろすと早速準備に入ります。

 

今回のコマセは、オキアミのブロック解凍3キロに、なんとチヌパワーMP 1袋、チヌパワー半袋、そして底に早く届くようにチヌパワー日本海半袋という、ひょっとしたら20年位前でも同じ配合でコマセが作れたんじゃないかという昔からのベストセラー配合エサの組み合わせです。

 

そう、今回はなんとなく、基本に立ち返って正統派のクロダイ釣りをやりたい気持ちだったんです。(本当は白チヌがなかっただけなのですが…)

 

磯竿は1.2号、道糸2号、ウキは電気円錐ウキのB、ハリスは道糸と同じ2号、そしてチヌ針3号の仕掛けです。

 

のんびりと準備していたので時刻は19時前、夕まずめといってよい頃合いではないでしょうか。

 

ポイントを決めて、水深を測って、と。

 

仕掛けを投入する前にしばしコマセをポイントに打ち込みます。始める頃までに魚を集めておくのが目的です。

 

暫くするとコマセを投入する都度、魚が浮いて来て海面付近にいくつもの魚影が集まってきているのが分かります。これは、クロダイか、メジナか、フグか、ネンブツダイか。

 

海はややザワつき気味で、これから夜に向けてよい感じになって来そうですが、ひとつだけ心配なのはやはり風。釣り場に到着した時よりもやや強い南風がポイントに向かって左から右へ。

 

これ以上吹くと、ちょっと釣り辛くなりそうです。

 

そして、第1投。

仕掛けを入れて片手で竿を持って、もう片方の手でコマセを救っていると、ウキがフッと海面下に。一瞬です。間違いなくエサ取りの仕業です。コマセを投入するまでもなくエサが取られるとなると、いつものことではあるけれども、苦戦の予感が。

 

そして、予感的中。

 

入れても入れてもエサが取られます。

正体を確認してやろうと仕掛けを張り気味にして誘っていると、掛かりました。

手のひらサイズの赤ちゃんメジナでした。

よかった~!

 

そうです。フグやネンブツダイだったら、恐らく周辺は絨毯状態かもしれないからです。メジナならじきに良型または他の魚と入れ替わるでしょう。

 

20時を過ぎた頃、相変わらずエサ取りの小メジナが居座っていると緊張感が完全に切れて惰性で仕掛けを入れていた時でした。

電気ウキが一気に海中に引き込まれました!

 

よしっ、この感じはメジナの良型か。

一拍置いてから一気に竿を立てます。

 

ガツン!

 

となるハズが、なんの感触もなく竿も曲がることなく、スッとフワッとした空振り感が。やられた! よく見ると闇夜の海に行き場を無くしたかのように電気ウキがフラフラとさまよっています。いわゆる高切れです。待ち過ぎた間に根に擦られたのでしょう。

 

大反省です。

油断せずに集中力を保っていれば今のは仕留められたハズ。

 

気持ちを入れ直して、仕掛けを投入。海はいつの間にかドロンと潮どまり状態に。エサ取りは健在です。

 

それからちょっと休憩をしてから再開。

時計の針が22時近くを指す頃、潮が動き出してザワつき始めました。これを待っていました。潮が動き始めれば何かが変わる可能性があります。

 

と、その時電気ウキがボワボワ~っと海中へ。

この引き込まれ方は、メジナではなくクロダイかも。

 

仕掛けを分からないぐらいほんの少しだけ張って誘うと、今度は、ウキがグイグイと底に向かって引き込まれ始めました。よし、作戦通り。これはハリごと飲んでいるでしょう。

 

今度は余裕をもってアワセを入れます。

 

ガツッ!

 

重いです。久々の手ごたえです。竿を立てると魚体は右へ左へと逃げようと必死に暴れますが、ゆっくりと手ごたえを楽しみながら玉網へ誘導。

 

銀鱗です。間違いなくクロダイです。

 

玉網に入りました。

42cmの良型のクロダイでした。


f:id:Kokoromachi:20220726215223j:image

 

これは嬉しい!

 

その後、もう1尾を狙って30分程粘りましたが、予想通り風が強くなってきて磯場を荒い波が抜けるようになってきてバッカンが流されそうになったため、納竿としました。

 

釣るなら銀鱗のクロダイが一番うれしいです。

自分はやはりクロダイ釣りが好きなんだな~と思いながら、気持ちよく釣り場を後にしました。

 

まだまだ真夏の海で玄以のよい魚たちとの駆け引きが楽しめますので、みなさんも是非夏磯へ行きましょう

 

- 完 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜釣りのすすめ

やはり地球温暖化とかと関係があるのかないのか分かりませんが、6月には猛暑が日本列島を襲い、一部の地域では40℃超えの信じられない暑さとなりました。朝から30℃を超える日もあったりして、これからどうなってしまうんだろうと思った方も少なくないのではないでしょうか。

 

この暑さ、我々釣り好きにも影響大アリで、いつも日中の釣りを楽しんでいる方々は、熱中症に日射病と、本当に注意してくださいね。

 

私もずっと以前の記事でもご紹介した通り、外房の吉浦の磯で熱中症症状に陥りました。吉浦の磯って、いかれたことがある方はすぐに「あそこは確かに危険だよね」と思われるかもしれませんが、駐車場の目の前に陽の光を遮るものが何一つない広大な磯場が広がっていて、釣り座まで細かな溝をまたぎながら5分位歩かなければなりません。

そうです、何かあってもすぐに避難することができないんです。

しかも、釣りをしている最中は、鉄板の上で釣りをしているような状態で、照り返しも強く、危険です。

私の場合、釣りをしていたところ、急に頭痛がしてきて、こめかみの脈打つ感じが強くなってきたので、これはヤバイと思って釣り具をかたずけ始めたら、いよいよ危険を感じて、フラフラしながらクルマに戻り、冷房をガンガンにかけながらジッとこらえていた経験があるので、よくわかります。

 

そうは言っても、分かっていながら出掛けてしまうのが釣りバカたる由縁。(笑)

 

そういう方々は、これを機会に「夜釣り」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

夜釣りは、真っ暗な中での釣りなので、どうしても危険なのではないかという先入観があるかもしれません。どれは確かにその通りで、油断していると海に落ちたり、磯場で躓いて転んで怪我をしたり、といったことに繋がることも、もちろんあります。

 

でも考えてみてください。

 

日中だって先程の熱中症やら日射病やら、油断しているとテトラから足を踏み外すことだってあるかもしれないし、危険と隣り合わせであることには変わりありませんよね。

 

そうやって夜釣りのメリット、デメリットを考えてみると、ザックリ次のようになるのではないかと思います。

 

まず、デメリット。

1.  先述の通り、暗いので足場などに注意が必要

2.  夏場などはライトに虫が集まってくるので、虫対策をしていないと刺される。

3.  真冬は凍えそうになる。(笑)

 アレッ、もう出てこない…

 

次にメリット。

1.  釣り場が比較的空いているので、普段は混んで入れないような釣り座を、独り占めできることがある。

2.  きれいな夕日、そのあとは波の音を聴き満天の星を眺めながら釣りができる。


f:id:Kokoromachi:20220706235906j:image

3.  人が少ない分、静かに釣りに集中できる。

4.  なんといっても良型の魚が警戒心を解いて陸地付近まで寄ってくるので、大物に出会えるチャンスがある。

5.  電気ウキが波間でゆらゆらする姿に心癒され、良型の魚が掛かって海中で光をにじませながら引き込まれる様は幻想的でさえある。

6.  夏場は、日中の暑さが嘘かのように釣りやすい環境になる。

 

ほらね、良いことばかりではないですか。

 

炎天下の中で、しかもフグやネンブツダイの絨毯の中を釣るよりも、ずっと効率よく気持ちよく良型に出会える確率が高いんです。

 

夜磯が不安な方は、堤防が安心かもしれません。

 

これから夜釣りに挑戦してみようと思われる方に一つだけオススメすることがあるとすれば、アオリイカなどのイカ類を狙うエギンガーやスズキ狙いのルアーマンが集まるような堤防は避けた方がよいかもしれませんね。ネットで調べると集まりやすい堤防などはすぐに分かります。

 

周りでエギやルアーをポンポン投げ入れられると、魚が警戒して散ってしまったり、トラブルになることもないとは言えないからです。また、大人数で来られている人達は時として(なぜか夏は特に)気持ちが大きくなって周りで静かに釣っている人達に迷惑をかける行為をする人を時々見かけるからです。

 

さあ、いよいよ魚の活性もピークの夏。

 

良型クロダイを狙いに釣り場へ向かいましょう!

 

- 完 -

 

 

 

 

 

釣果報告 内房富浦明神岬

まさかそこに行くことになるとは、当日の朝まで思ってもいませんでした。

 

明神岬はこのブログでも以前に釣り場紹介はしたことがありますが、その時に書いた通り、「行きはよいよい帰りは…」で、一人では決して近づきたくないと思っていた場所でした。

(画像はGoogle Mapより)


f:id:Kokoromachi:20220629064858j:image

ところがその日に限って同行の仲間に、道中に問題があるが南風に強く夜は良型が期待できるらしい…という話をしたところ、ものすごく乗り気になってしまい、南房まで下る予定を変更して、大房岬へ。釣り人あるあるで、良型が釣れると聞くと何も考えずにどこへでも行ってしまいます。(笑)

 

明神岬は、大きな大房岬の北東側の先端に位置します。大房岬の公園を抜けて見晴台があるところから階段をひたすら降りて行くと明神岬にでますが、下りとはいえ、重い荷物をたくさん抱えて約15分から20分、段を下りる度に腕や方にすべての重さがのし掛かり、着いた頃にはヘロヘロ。すぐには動けないくらいです。

 

到着は17時過ぎ、釣り座が限られているので仲間とは横に並んでほぼ同じポイントを釣るイメージです。

 

しばらく休憩した後、コマセの準備に入ります。今回持参したのはオキアミ解凍ブロック3キロ、チヌパワームギスペシャル1袋、チヌパワー半袋で5時間分です。

 

この場所は初めてなので、付けエサは、定番のオキアミ、サナギ、コーンを用意。ちゃんと水深を測ってと。この磯の周りははえ根が結構キツく根掛かりが心配なので、まずはウキ下を底から半ピロ程浅めに設定します。

 

第1投は18時過ぎですが、辺りはまだ明るくエサ取り覚悟での釣りスタート。

 

風はやや強めですが、釣りには全く支障がない程度。予報では雨の心配もありません。

 

早速釣れてきたのは…

 

ネンブツダイでした。

わざわざこんなところまで来ていつものネンブツダイですか。(笑)

 

サナギ、コーンも試しますが、なぜかネンブツダイが掛かります。

 

タナを測り直して一か八か底すれすれに合わせてみたところ、一投目で根掛かり。早々とウキをロストで、意気消沈。(笑)

 

その後もネンブツダイの絨毯状態が続いたので、潮が変わるのを待って暫し休憩。

 

すると、隣で粘っていた仲間に35センチ程のメジナが掛かりました。時刻は21時半前位でしょうか。

 

満潮を過ぎて下げ潮が動き始めたようです。

 

よし、と私も釣り再開。

 

すると、オキアミエサに30センチ強のイサキが喰ってきました。ネンブツダイじゃないだけでも十分有難い!お土産確保です。

 

さらに続けると同じサイズのイサキを追釣。

 

これは楽しくなってきました。

隣の仲間もイサキをゲット。

 

22時頃になって、「今日はクロダイは居なさそうだな」と思っていると、電気ウキが一気に海中に引き込まれてゆきます。

 

油断しているとはえ根にやられる!

 

一気にアワセを入れると、魚は右に左に走り回ります。かなり重みもあります。

 

グレか、まさかのクロダイか?

 

多少強引に寄せてはえ根に気を付けながら玉網に取り込んだのは、40センチちょっとはありそうなイサキでした。

 

やったぁ!

 

ここまで来た甲斐がありました。

美味しいお土産が3尾、十分です。

 

それから30分くらい追釣を狙いましたが、今回はここまで。

 

磯を洗い帰り支度をして明神岬を後にしました。

 

ところで、この磯は絶対に一人では来ない方がよいかもしれません。帰りの上りは角度もあってかなりキツイうえに、どこかから普段は見えないアレに見られているような視線(もちろん妄想です)を感じながら延々と山道を登ることになるからです。

 

特に霊感強い人は絶対にムリだと思います。(笑)

 

駐車場に着いた頃には二人ともヘロヘロでしたが、クルマのクーラーに生気を取り戻し、帰路につきました。


f:id:Kokoromachi:20220702115521j:image

イサキは刺身と塩焼きで美味しくいただきました。

 

釣りって本当に楽しい!

 

- 完 -

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

釣果報告 南房平砂浦ビーチホテル下の磯 (2)

さて、準備でも始めるかな。

 

まず、コマセです。

今回は、超浅場で且つ短時間勝負なので、オキアミ3キロ板1枚にチヌパワームギスペシャル1袋、粗びきサナギの小を一袋とします。バッカン半分なので、いつもに比べると比べ物にならないくらい楽です。

 

付けエサはオキアミのみ。

 

不思議と、私の経験からだけなので何とも言えませんが、南房はどこに行ってもサナギやコーンは効かないように思えるのですが、なぜでしょうか。

単に私の腕が悪いのかな。(笑)

 

仕掛けは南房なので(?)磯竿はやや太めの1.2号にします。道糸は3号、ハリスも3号。ウキは電気円錐ウキのBで軽めに。

 

仕掛けを準備し終わるころになると、ようやく陽が西の空に沈み始めました。

 

まだフグは元気な時間帯なので、逸る気持ちを抑えながら暗くなるのを待ちます。

 

19時ちょっと前、もういいでしょう。

潮位も大丈夫でしょう。

 

第一投です。

 

上げ潮なので、沖から入って来た潮がワンドを回って出てゆくところを想像しながら、魚が夕飯を食べに寄ってきそうな磯回りや海中の向こうに見える岩場回りを徹底的に探ります。

 

仕掛けを回収すると、はじめのうちはエサ取りのフグに取られ、ハリスを齧られていましたが、日が完全に沈んで暫くすると、満潮に近づいてきたのか、潮がざわめき始め、様子が変わってくると共に、オキアミが残ってくるようになりました。

 

と、その時、ウキがクイクイと素早く引っ張られ右から左へ。意表を突かれてとっさにアワセを入れたところ、スカーンと無情にも道糸から高切れ。浅場を甘く見ていました!

 

同じ仕掛けを作り直して、気持ちを切り替えて投入。

 

無反応。

 

投入。

 

無反応。

 

数回繰り返したあと回収した仕掛けのオキアミにクロダイの噛み跡が丸くくっきりついています。

これは居る!

 

そう確信すると、一気にやる気と集中力が増してきました。が …

 

釣りを開始してから1時間程で満潮、今度は潮止まりでしょうか、潮の動きが緩くなってきました。そして、また無反応…

 

ダメか。

 

そのうちフグがまた掛かりましたが、幸い、たまたま掛かった感じで、助かります。

 

21時を過ぎて、今日はココまでかと諦めかけた頃、下げの潮が動き始めたのか、海がまたざわつき始めました。

 

ガマンガマン

 

自分に言い聞かせて、魚がまた動き始めるのを待ちます。

 

そして時刻は22時、いよいよ帰らないと明日に響くなどと邪念が入り込んできかけた頃、そんなことを吹っ飛ばすかのように、ウキが一気に持って行かれました!

 

今度は高切れはさせないぞ、とばかりに即アワセするとガツンという、大好きなあの感触が。糸が根に擦られないようにと竿を十分に立てて一気に魚を浮かせにかかります。

 

かなり大きなクロダイか。ワンドを右に左にと暴れ回ります。

 

道糸もハリスも3号にしておいたためか、浮かせてしまえば安心してやり取りができます。数分の格闘を制して、ようやく玉網に収めたのは…

 

メジナでした~

 

この浅場じゃあさすがのメジナも潜りませんよね。(笑)

 

測るとギリギリ40cm(インチキくさいけれど許してくださいっ!)


f:id:Kokoromachi:20220526183008j:image

 

メジナには感謝しつつ、口から掛かった針を取ると、玉網に入れ、そっと海に戻してあげました。

 

気持ちいい~

 

最後の最後に苦労が報われた感じで、気持ちよく磯の上を洗って釣り場を後にしました。

 

- 完 -

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村