房総半島でクロダイを釣りたい人のためのブログ

房総半島でクロダイに出会いたい人、集まれ!

釣行報告 洲崎公園下の磯 (その3)

磯ガニの残りは5匹。

もう少し買っておけばよかった、と思いながら、釣りを再開してから、ちょうど3匹目で、ようやくウキの動きに変化が出ました。

電気円錐ウキの光る部分、遠くから見ると丸く輝く部分がやや小さく絞り込まれたようになり、一瞬そのまま止まります。

 

喰い込め、喰い込んでくれ~

 

すると止まっていたウキが海中に引き込まれて行きます。

 

これは来たでしょう!

 

一拍置いてから、サッとアワセを入れると、ガツンという重みが竿に乗りました。

魚に主導権を握られると、水深がないこの釣り場では、海底の根に道糸またはハリスを擦られて切られてしまうので、竿を目一杯たてて、更に背中側に倒しながら、浮かせます。魚は水面でバシャバシャ頭を振って逃れようとします。魚の引き込みが弱まったところで一気にリールを巻いて、寄せに入ります。

 

玉網を手にして懐中電灯で浮いてきた魚を照らすと、銀鱗が… あれっ、何かが違う。

 

磯に下ろしてよく見ると、なんとクロダイではなく、フッコ(スズキの子供)ではないですか。45cmくらいはありそうです。

f:id:Kokoromachi:20200702192245j:image

 

そう来たかあ。

 

外道とはいえ、クロダイを釣っているとなかなかお目にかかれないのて、悪い気はしないです。(笑)

 

さて、次こそ本命を。

 

しかし、磯ガニを付けエサにして仕掛けを投入しますが、今度は全く反応がなくなりました。

カニは元気なまま戻ってきます。

イヤな予感です。

 

エサをオキアミに戻して、ウキ下も確認してと。

 

1投目をポイントに入れ、コマセを2杯撒き、3杯目を救おうとしながらウキを見ると、既に海中へ。

 

急いでコマセ柄杓を置いて、アワセを入れると、乗った! しかし、先程よりも軽く感じます。これはクロダイでしょう。

 

それほど苦労せずに寄せてきた魚体、間違いなくクロダイの銀鱗です。

玉網で丁寧に掬って確認したところ、40cmに至らずの37cmのカイズくん。でも、ありがとう!



f:id:Kokoromachi:20200702203723j:image

 

今回も運良く玉網サイズのクロダイ、そしてフッコと遊ぶことが出来て、よい釣行となりました。

 

ちなみに、ロストしたと諦めていたウキは、満潮に向けて上げてくる潮に乗って、磯際まで寄ってきたので、玉網で無事に取り戻すことができました。

 

次は、いつ行けるかなあ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣行報告 洲崎公園下の磯 (その2)

今回のコマセは、オキアミ3kgブロック1枚、チヌパワームギスペシャル、チヌパワーDash半袋です。

 

ここのポイントが遠浅で水深が浅いため、集魚力と遠投性を両方備えたチヌパワームギスペシャルをメインとしたコマセにしてみました。

 

作り方は何度もご紹介している通りで、少しずつ満遍なく、配合エサの粉がバッカンに残らないように少しずつ海水を足しながら時間をかけて練り込み、最後は素手でペタペタになるくらいまで混ぜ込み、上から押して空気を抜けば出来上がり。

 

強風が嘘のように背中からちょうどよい感じの風を受けているので、ポイントにコマセが届かないということはなさそう。海面はややざわつき気味ではありますが、釣りには全く影響なさそうです。

 

仕掛けは、いつもの電気円錐ウキのB、道糸2.5号、ハリスは3号、チヌ針3号として見ました。

 

潮位に合わせて日没前から実釣開始です。

 

過去の経験から、ここのクロダイはサナギに口を使わない一方磯ガニには反応するので、付けエサのメインはオキアミと磯ガニです。

 

約15分程コマセをポイントに入れていたので、そろそろ魚が集まっていて欲しいものだと考えながら、付けエサのオキアミを投入。追いコマセを続けて投入。

 

早速反応が現れますがエサ取りのフグらしく、仕掛けを回収すると付けエサがなくなっていました。反応がないよりはあった方がよい、と前向きに考えて数投入れますが、いずれもエサが取られ、ハリスに咬み跡が。

 

この時間まだエサ取りが居ることがわかったので、次にチヌが寄っているかを確認します。

 

以前にもご紹介したように、ココのチヌは磯ガニを食べるので、予め買っておいた磯ガニを針に付けます。蟹が海中でバタバタ動いてチヌを寄せるように、針付け時は、刺した場所が悪くて死んでしまわないように、注意します。

基本は、お腹側のふんどしと呼ばれる(?)部分からさして背中(お尻?)から抜きます。

 

チヌの反応もすぐに出ました。

一投目は、針から取られて戻ってきました。

二投目は、そのまま残って戻ってきました。

三投目は、頭が噛られて戻ってきました。

反応は確かにあるけれど喰い込まない。

そこで、流す時間が短いのかもしれないと考え、投入後、長めに流すことにしました。

 

すると、かなり粘ったところで、ウキがユラユラと海中に滲んだので、アワセを入れると、根掛かりで、道糸も切れていたため、残念ながら、電気ウキひとつロストです。(泣)

 

仕掛けを回収してよく見ると、なんとウキ止めの位置調整を忘れていて、ウキ下が水深よりもかなり長くなっていたようです。

 

こういうロストのしかたはショックですよね。

自分が悪いので自身を攻めるしかありません。

 

海の感じも風の感じもよい具合が続いています。やや湿度が高いせいか、汗は出ますが。

 

気を取り直して、ウキ下をしっかり調整して、磯ガニでクロダイを狙います。

 

 - つづく -

 

 

 

 

 

 

釣行報告 洲崎公園下の磯

ここ数日はやらなければならないことが多く、週末の釣行報告が遅くなってしまいました。

 

先週末は久々に南房の白浜エリアに行ってみたかったのですが、午後から南西風の強風の予報が出ていたため、ほとんどの釣り場が南向きである白浜を諦め、南西風の逃げ場である洲崎公園下の磯に行って参りました。

 

自宅を出るときは、風もほとんどなく蒸し暑い天気でした。これなら、わざわざ南房まで下らなくても内房でも竿を出せるところがあるのではないかと思わせるくらいでした。

 

しかし途中の内房通過時、風もかなり強くなってきていたので、予定通り南西風の逃げ場まで南下することに決めました。

 

風予想では、館山市では夕方以降5~6m/sでした。普通の釣り場では釣りにならない強風ですが、洲崎公園下の磯ならなんとか竿を出せそうです。

 

今回は、突き当たりの公園駐車場まで行かずに、途中の弥兵衛駐車場(1日500円)に停めて、そこから山を越えて、船揚場を横切りワンドをグルッと回って、釣り場に向かいました。公園下の駐車場よりも安いから、というのが理由ですが、ここは、公園下からも見える、海に向かって右側にある小さなワンドを挟んだ磯場が釣り座となります。

 

このルートは結構歩くので、駐車料金をケチらなければ、やはり公園下の方がずっと楽です。(笑)

 

駐車場から山を越えて降りたところにある、船揚場から海に向かって右側にも、洲崎北港が見える一見ちょうど良さそうな磯場がありますが、そこは海底が岩盤であるためエサとなる海草も少ないので期待薄で、以前に一度トライしてみましたが、やはり魚の気配がなく、しかも磯場のすぐ後ろが山の斜面なので、公園下以上の野性の虫やクモ、蚊などに囲まれ釣りどころではなくなり、早々に引き上げた苦い思い出があります。

 

なお、今回の釣り場はどういうところかというと、公園下と同様、景色的には昼間見たら心が癒されそうな、目の前に広大な海が広がっており、メジナ狙いなら海中に走る溝の位置を押さえておく必要がありそうですが、狙いはクロダイなので、やはり白っぽく見える砂地を探します。手前の水深は満潮でも1m程度といった感じなので、15~20m沖をポイントとしました。

 

ここは、海に向かって左前方(斜め前)から斜めに波が寄せる感じで、波が穏やかな日は良いのですが、東から北寄り風のの荒れ気味の日は非常に釣り辛くなりますのでご注意ください。

 

結構好きな釣り場なので詳しくご紹介をと思って前段がやや長くなってしまいましたが、今回もコマセ作りから書いて行こうと思います。

 

 - つづく -

 

 

 

 

 

 

 

南房 吉浦の磯

先日アジ釣りについて書いたついでと言ってはなんですが(笑)、今回はアジ釣りでオススメの、外房側の南房総にある吉浦の磯をご紹介します。

 

この吉浦は、千葉の鴨川から少し南に下ったところにある地磯です。鴨川は、内房の保田と繋がっていて、確か一時間くらいで内房から外房またはその逆ルートで移動が出来るので、とても便利です。

 

私も以前は、日中の釣りが中心だったので、内房で何も釣れず惨憺たる結果だったときに、意を決してこのルートで吉浦に移動し、夕まずめにアジを狙ったことがあります。

 

吉浦の磯のオススメポイントは、夏場に毎日かなりの確率でアジが回ってくるので、竿を出せば、ほぼ確実に釣果を手に入れることが出来る点です。

 

何しろとても広い地磯なので、釣り座はたくさんあります。

 

夕まずめに行けば確実に釣果が望めるのであれば、みんなが押し寄せて、大混雑しているに違いないと思うかもしれませんが、ある理由によって、いつも混んでいるということでもないようです。

 

この地磯にはキャンプ場があって、かなりの台数が停められる駐車場には仮設トイレもあります。数年前ですが駐車料金は500円かかりましたが、磯場の入口まで車で行けることを考えれば安いものです。駐車場から釣り座が見えるので先釣者がいるかどうかも確認ができます。釣り座までは歩いて数分、といっても磯場はゴツゴツしていて所々に溝が走っているため、注意しながら歩いて行くと、4~5分はかかるかもしれません。

 

いろいろな釣り方が出来ますが、効率を考えたなら、やはりカゴ釣りかなと思います。ウキの下にカゴを付け、ハリスはアジ用に市販されているサビキ仕掛けです。サビキ仕掛けの一番下に付けるオモリは、ウキのサイズよりもワンランク軽くするのがポイントです。

 

 

野性的な地磯で大自然に囲まれながらアジを持ち帰れるこの吉浦の磯ですが、2つだけ難点があります。(やっぱりね~ 笑)

 

それは、

① 真夏の日中は、周りに遮るものが何もないため鉄板の上に居るような感じになり、非常に危険です。日射病や熱中症には十分な対策が必須です。

② 上げ潮になると水没し、広い磯の大半が海中に没します。

 

これらの対策を必ず行い、干満の時間に注意しながら磯に上がれば、高い確率で多くのアジの釣果を手にできる釣り場だと思いますので、是非一度は足を向けられてはと思います。

 

 

 

釣行報告 岩井袋公園下の磯 (その4)

心の中で、喰い込め~と念じますが、ほどなく電気ウキは浮いてきて、またすぐに潜ります。

 

どうなっているんだ。

 

仕掛けを回収しようとすると、まさかの根掛かりです。根掛かりしている方向に竿を向けて、少し緩めたドラグから道糸が出て行かないように押さえながら、ゆ~っくり後ずさりしながら引っ張ると、意外に簡単に抜けました。この抜け方は、海草に引っ掛かっていたことを表します。

 

次に、大きめのオキアミを背が掛けにして投入します。ウキは、先程と違うルートを辿りながら、異なるポイントで先程と同じように潜ったり浮いたり。根掛かりは勘弁なので、すぐに仕掛けを立てると、何か小さな魚が喰っています。残念ながら、まだフグが居るようです。

 

このあと、気分転換にココのクロダイは喰わない磯ガニを付けてみましたが、やはりこれはダメでした。

 

よし、こうなったらサナギに懸けよう。

 

チヌ針をチモトまでサナギで覆い隠すように包み、先端を切って体液を出しながら食い気を誘うことをイメージして、先程とは異なるポイントに投入。海草溜まりを避けるためです。

するとなかなか良い感じにウキが漂っています。ポイントがよかったのか、潮がまた変わったのかは分かりません。

 

そしてその直後、一瞬電気ウキが滲んだように見えたので目をこらすと、間もなくウキがグングンと力強く引き込まれて行きます。

 

来たっ!

 

咄嗟にアワセを入れると重量感のある感触です。これは大きいかもしれない。そして間違いなくクロダイでしょう。

 

以前寄せてくるときに、竿を一瞬寝かせたばかりに針外れで逃げられた経験から、今回は絶対に逃がさないという気持ちで、竿を立てて寄せます。このやり取りの時間はほんの数分、いやもしかしたら1分もないかもしれませんが、なんとも表現が難しい位、充実感があります。

 

玉網に取り込んだクロダイは、44cmありました。
f:id:Kokoromachi:20200625185702j:image

スタイルの良いクロダイだと思いませんか。

 

その後また、潮が変わってウキが滲んだり浮いたりの状況となり、最後に根掛かりしたところで納竿としました。

時間はいつの間にか22時を回っていました。

 

定まらない潮と海草の中での2枚で、満足のいく釣行となりました。

 

みなさんも自粛明け、思う存分クロダイ釣りを楽しんでくださいね。

 

 

 

 

釣行報告 岩井袋公園下の磯(その3)

まだ明るいうちからの釣果は嬉しいです。

今日のアタリエサはオキアミかもしれないな、などと思いながら、更に仕掛けを投入します。

しかし、その後はなぜかオキアミがそのまま残って来るようになりました。

 

まさか、海の中には先ほどのカイズ1尾しか居なかったのだろうか。いやいや、そんなことはないはず。まだ、夕まずめの捕食タイムに早すぎるだけだろう。そのうち良型がエサを求めて寄ってくるはず。

 

ようやく日が沈み、夜釣らしい雰囲気になってきました。が、魚の喰いは相変わらずです。

日没まもなく、何度か電気ウキが海中に滲むように引かれては戻るようになりました。

そうこうするうちに、ハッキリとした引き込みがあったように見えたので、仕掛けを回収してみると、なんと、針のチモト(結び目の辺り)から10cm位のところに明らかなフグの咬み痕がいくつも残っていました。

 

オキアミ終了です。

フグがいる以上、オキアミでこのまま続けても効率が悪いので、フグが喰わないサナギに変更します。

早速サナギを針に付けて、投入しました。

 

海の状況がなんとなく変わったような気がしました。潮がやや速くなったのかな。今まで向かって左から右に向かって流れていた潮が確かに速くなったようです。

ウキがすぐに流されます。

流されたウキは、あるポイントで止まると海中にジワジワと滲んで潜り、更に引き込むのを待っていると再び浮いてきます。

魚ではなく、潮と潮がぶつかって潜り込む潮が出来ているのかとも思いましたが、何かが違います。根があるのか。明るいうちから足元に寄ってきていた海草が溜まっているのか。

 

答えは後者でした。仕掛けを回収すると、ハリスや針に海草が絡まっていました。

これは厄介です。

 

オキアミにフグ、サナギで流せば海草。しかしどちらにチャンスが残るか考えると、ここは海草を恐れずサナギで流すしかありません。

その後も何度か同じような展開になりましたが気持ちを切らさずに仕掛けを投げ入れるポイントを変えながら粘ります。

 

時刻は午後9時前。

 

サナギで反応がないこと、フグがハリスに咬み痕を残してからかなりの時間が経過していることから、付けエサをオキアミに戻してみます。

 

すると、その数投目でした。

電気ウキが2~3回、クンクンといった感じで一瞬引き込まれそうになりました。追いコマセを入れずに、仕掛けをやや張り気味に待ちます。

 

するとまたクンクンと反応が出ました。

心の中で念じます。

 

喰い込め!

 

 - つづく

 

 

 

 

 

 

釣行報告 岩井袋公園下の磯(その2)

皆さんにとって、釣れそうな予感をさせる海の状況って、どんな感じでしょうか。

私の場合、まず本能的にワクワクするような安全な荒れ方なのですが、潮が動いて波っ気がある感じでしょうか。

 

海はまさにそんな感じです。

小魚のナブラが立っていたので欲を出してルアーをやってしまったせいで、クロダイ釣り開始は18時からとなりました。とは言っても、辺りはまだ明るいので、海中にはまだ家に帰らず遊んでいるフグ達が溢れているのでは。ルアーをやりながらポイントに入れていたコマセも、そろそろ効いている頃でしょう。

 

そのふぐの活性を見るために、最初の付けエサはオキアミから始めることにしました。

まずはノーマルに頭を付けたまま腹掛けにして投入。ウキは波間をブカブカ落ち着きなく動きますが、何かに突っつかれているような感じではありません。仕掛けを回収すると、付けエサがそのまま残っています。これはクロダイが既に寄っていて小魚が散っているのかもしれない。それを検証すべく、同じくオキアミで2投目を投入。

 

このように海が多少ザワついた状況の時は、海中もそれなりに小荒れの場合があり、仕掛けを長く漂わせているといつの間にか根掛かりしてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

それでもしばらく我慢して、時折追いコマセを入れてアタリを待っていると、ウキが水面下ギリギリのところまで引っ張られ、その直後、クックッと反応がありさらに深く引き込まれます。

 

まだまだ…

 

これは何かわからないけれど魚だ。フグかもしれない。いや、もう少し大きい可能性もある。

 

そこで、仕掛けを強くなりすぎないように注意しながら誘いをかけてみると、今度はグイグイグイっと完全に海中へ。

 

瞬間、竿を軽く立ててアワセを入れると、乗った!しかも結構な感触です。

 

水深があまり深くないので竿で溜めながら一気に浮かします。この引きはメジナではない。

魚は首を振って嫌がります。アイゴか。

 

まだ日がある明るいうちに2号ハリスにもかかわらず喰ってきたのは何か。

 

近くまで寄ってきた魚体は、海中で銀色の体をねじりながらまだ抵抗します。クロダイだ!

 

竿を立てて水面に現れたクロダイに十分に空気を吸わせ、勢いが弱まったところで玉網に取り込んだ時には、思わずヨシッ!と、心のなかで声をあげてしまいました。


f:id:Kokoromachi:20200623205950j:image

 

しかし、計測すると38cmで、ギリギリクロダイには届かずカイズ止まり。

 

まあ、開始早々の38cmは大満足です。

 

まだまだ時間はある。一枚釣って気が楽になったところで、次はクロダイをと、気持ちを新たにします。

 

 - つづく